読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊洲移転問題の本質

豊洲は科学的に安全なので早く移転すべき」という記事をよく見かける。豊洲になろうが築地のままであろうが今小池知事が進めていることは正しい。現時点では「決める」べきではなく、誤ったプロセスで進められた市場移転を、正しいプロセスでやり直すことが都政の適正化につながるのである。

「都政のプロセスの適正化」
これが移転問題から見える本質である。

公表に反する虚偽の施工やお粗末な調査方法、土地取得交渉の不始末など、プロセスがあまりにも酷すぎた為、都民は「安心できない」のである。ベンゼンの数値故ではない。

結果的に豊洲移転は実施されるかもしれない。「早く移転すべき」論者が鬼の首をとったように移転までにかかった維持費を理由に小池知事を批判するのは目に見えているが、都民はそれらの批判はすべて無視してよい。不適切なプロセスのままの早期移転は他の都政でも同様の問題を起こす可能性を放置することに他ならない。維持費は大きな負担である。その責任は石原元知事をはじめとした、不適切なプロセスで進めた当時の関係者にあり、小池知事にはない。今小池知事が行っているプロセスで当時から進めていればすでに市場の問題は決していたはずである。
小池知事をささえぬけるかどうか、都民にとっても正念場である。